1. ホーム >
  2. 国際ボランティア支援

民間海外援助団体の支援

 当財団では、国民の皆さまの善意で支えられていた「国際ボランティア貯金」(※)の寄附金の配分を受けて海外で活動する民間海外援助団体(NGO)に対する支援活動を国際ボランティア支援事業部の新しい事業「NGO海外援助活動助成事業」として引き続き支援し、その活動が開発途上地域の人々の福祉の向上にどのように役立てられているかを、幅広くお知らせしています。

主な業務内容

国際協力活動の情報提供

 NGO海外援助活動助成事業及び過去に国際ボランティア貯金の寄附金の配分を受けて行われているNGOの活動状況報告会に併せ、NGO相互の意見交換会を開催しています。

NGO活動への助成  

 過去に国際ボランティア貯金寄附金の配分金による事業を実施した団体が、寄附金配分を受けて実施した事業を引き続き実施しており、当該事業を継続または補充する事業を行う場合に、総経費の一部をNGOに助成しています。
NGO海外援助活動の助成公募はこちらから

 NGO海外援助活動助成事業及び過去に国際ボランティア貯金の寄附金の配分を受けているNGOが学校、地域団体等で、自団体の海外での事業活動状況等を説明し、国際協力及び国際支援の意識醸成を図るための講演会等を開催する際、経費の一部をNGOに助成しています。
NGO講演会等開催のお知らせはこちらから

NGO活動状況の調査

 賛助会員等の方々を毎年開発途上国に派遣し、NGO活動状況調査を行っています。実際に現地を訪問し、NGO、現地の人々との交流を通じて開発途上国の現状や、NGO海外援助活動助成事業が果たしている役割などを認識し、帰国後に周知することを目的としています。
平成26年度NGO活動状況レポートはこちらから

「壁紙」ダウンロードはこちらから

※国際ボランティア貯金の制度は、平成19年(2007年)9月末日をもって廃止されましたが、旧日本郵政公社が預金者から寄託を受けた寄附金の配分は引き続き「独立行政法人 郵便貯金・簡易生命保険管理機構」によって行われますので、当財団としても必要な事業を引き続き行います。

このページの先頭へ戻る

関連リンク

国際ボランティア貯金の仕組み及び寄附金配分団体の情報

このページの先頭へ戻る

国際ボランティア支援