1. ホーム >
  2. 刊行物

刊行物

季刊 個人金融

ゆうちょ財団は、生活者重視の観点から、郵便貯金とともに発展してきた個人金融について、基礎的、専門的な調査、研究を行っています。個人・家計を取り巻く金融問題に焦点を当て、個人金融の課題、今後の方向性等の関連情報を提供します。
本誌は、生活に不可欠な個人向け金融商品・サービスの充実、またそれを提供する金融機関の偏在性と不偏性(いつでも、どこでも、だれにでも同じ金融商品・サービスが提供される)に裏打ちされた健全な発展に貢献したいとの考えから刊行しています。

季刊 個人金融詳細

ゆうちょ資産研レポート

ゆうちょ資産研究センター月報」に代わり、「ゆうちょ資産研レポート」を創刊することになりました。
従来からの資産の運用面に関する情報(マクロ及び市場)はもとより、貯金(郵便貯金)など個人金融に関しても特別報告、資産研コーナー及び統計情報などの形で提供します。
新生「ゆうちょ資産研レポート」が読者の皆様方に幅広く活用されることを期待しています。

ゆうちょ資産研レポート詳細

郵貯資金等の動向

本書は、明治以降今日まで郵便貯金が果たしてきた役割を振り返りながら、ゆうちょ銀行の業務運営、財務動向等を中心に、個人金融、リテール金融の動向を俯瞰する観点から編集しております。
本年版は、海外の郵便貯金の動向を詳述する等改善を加えるとともに、ゆうちょ銀行の業務運営、郵便貯金の動向やこれらに関する法令やデータ等を幅広く収録し、体系的な理解に役立つように編集・執筆しました。
本書が金融関係者や研究者の方々のみならず、広く一般に活用されることを期待しています。

郵貯資金等の動向詳細

調査研究論文集

ゆうちょ財団に設置された東京研究会と大阪研究会等で、平成18年度から平成27年度に発表された郵便局をはじめとする個人金融に関する調査研究や、これに関連した金融、経済問題等に関する論文を掲載しています。

研究論文集詳細

海外の郵便貯金等リテール金融サービスの現状

当財団では、諸外国22カ国の郵便貯金等リテール金融サービスについての現状等の情報を収集し、その内容をHP に掲載していますが、公開情報等では得られない情報については、海外実地調査により、詳細な情報収集を行っております。
本報告書は、公開情報により収集した情報及び海外実地調査により収集した情報等を取りまとめたものです。

海外の郵便貯金等リテール金融サービスの現状詳細

調査研究

当財団では、生活者重視の観点から、我が国の郵便貯金とともに歩み発展してきた個人金融に焦点を絞り、その充実・発展のための基礎的、専門的な調査、研究を行ってきています。

わが国ソーシャルファイナンスの実態的研究




このページの先頭へ戻る