1. ホーム >
  2. 刊行物 >
  3. 季刊 個人金融 >
  4. 季刊 個人金融 2018年冬号 >
  5. 要旨1

リテール決済改革の世界的な「2大潮流」について

 

麗澤大学 経済学部 教授

中島 真志

要旨



世界的に小口決済改革の動きが急速に進んでいる。旧態依然たるシステムから脱却して、「リアルタイムの入金」「24時間365日対応」「携帯電話番号による送金」といった斬新な機能を実現しようとしている点が大きな特徴である。
英国に端を発したこうした小口決済改革の動きは、その後、シンガポールや豪州に波及した。さらに、米国や欧州が、同様な小口決済改革に乗り出したことから、今やこうした動きは、グローバルなトレンドとなりつつある。
こうしたグローバルな改革の波から取り残されないようにするために、わが国でも遅滞なく適切な対応を進めていくことが求められる。




お申込み方法