ゆうちょ資産研究センター

ゆうちょ銀行等の動向

ゆうちょ銀行等の動向

第1部 ゆうちょ銀行の動向

第2部 金融政策と市場の1年間の動き

  • 2021年版
  • A4版 124頁
  • 編集・出版:一般財団法人 ゆうちょ財団 ゆうちょ資産研究センター

お申し込み方法はこちら

バックナンバーはこちら

「ゆうちょ銀行等の動向」2021年版

2021年版発行にあたって

ゆうちょ銀行の前身である郵便貯金事業は、明治の創業以来、各地の郵便局を通じて広く一般個人に貯蓄手段等を提供するとともに資金は長らく公共的な目的と仕組みの中で運用されてきました。 2007年10月にはいわゆる郵政民営化に伴い株式会社として新たに出発し、2015年11月には東京証券取引所に株式を上場し6年が経過しました。国営事業から株式会社へと形態は変わりましたが、人々の経済生活の安定を図る目的は、人々に「最も身近で信頼される銀行」を目指すという理念となり、実際に多くの個人に利用されている姿は変わっておりません。資金運用は、確実有利と公共利益確保をベースとしつつ、運用対象の多様化やリスク管理の深化等が進展し、新たな中計に掲げられているように「本邦最大級の機関投資家として、健全で収益性の高い運用を行うとともに、持続可能な社会の実現に貢献する」ことを目指すようになっております。近年の金融経済環境の変化に加え、デジタル化の進展等により、いずこの金融機関も経営の変革を迫られており、ゆうちょ銀行も例外ではありません。

1989年以来版を重ね、今回で33版を数える「ゆうちょ銀行等の動向」ですが、2021年版は、大きな節目を迎えるゆうちょ銀行の姿を、前中期経営計画(2018-2020年度)に対する実績を踏まえて、2021年に発表され た中期経営計画(2021-2025年度)のポイントを整理する形でまとめさせていただきました。併せて、この間金融経済にも大きな影響を与えたコロナの影響を踏まえ、金融政策と市場の1年間も振り返りました。

お問い合わせ先

一般財団法人ゆうちょ財団 ゆうちょ資産研究センター

〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3-7-4 ゆうビル2階

Tel. 03-5275-1814 / Fax. 03-6831-8970