教育出版

タイプ別:老後のライフプランと公的年金繰下げの選択

設問 正答 解説

設問1

1.繰下げ請求後に急逝された場合、本来の65歳受給に比べてに総受給額は少ない(損をする) 3.繰下げ請求の手続きは現状66~70歳の間で行えばよく(早急さは不要)、公的年金を受給するまでのワークプランを具体的に検討するべき

設問2

40歳の会社員は、第2号被保険者に区分される

設問3

65歳以上の高齢者の3%弱程度が、生活保護を受給している

設問4

個人事業主等の事業所得は、在職老齢年金の計算対象外となる(対象となるのは給与所得)

設問5

適した行動としては、「年金を受給するまでの収入源」や「老後資金の補てんとなる貯蓄」など資金計画について、50歳代からプランニングを始める

 

web版アンケートにご協力ください

該当項目をチェックしていただく、簡単回答のアンケートです

受講証明書

お問い合わせ先

一般財団法人ゆうちょ財団 教育出版部

〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3-7-4 ゆうビル3階

Tel. 03-5275-1811 / Fax. 03-5275-1805