貯蓄経済研究

季刊『個人金融』

個人・家計を取り巻く個人貯蓄を中心とした金融問題に焦点を当て、外部研究者等による論文・調査研究レポート等を掲載した機関誌 季刊『個人金融』を発行しています。

【最新号】『個人金融』2018年秋号

高等教育の費用負担

  • 公教育費政策の現状と課題 ―歴史的経緯と日本人の意識に着目して
  • 貧困と高等教育 ―生活保護世帯の大学進学に関する諸問題―
  • 大学教育の効用 ~平均と分散:低偏差値ランク私立大学に着目して~
  • 奨学金受給が年収に与える影響
  • 高等教育の無償化政策、その限界と課題は何か
    ―日本版ICL(所得連動型奨学金)の拡充に向けて―
  • 給付型奨学金制度の創設とその意義
  • アメリカにおける大学生への経済的支援の構造
    ―授業料の実質無償化を支える奨学金制度―

詳しくはこちらをご覧ください

日本では家計における教育費の負担が高く少子化の原因の一つにあげられています。
OECDが2018年9月に公表した「Education at a Glance2018」によると、2015年のOECD加盟国においてGDPのうち小学校から大学までの教育機関に対する公的支出の割合を見ると日本は2.9%で比較可能な34ヶ国中最下位となっています。
こうした中、注目されているのが、2017年12月に閣議決定された「新しい経済政策パッケージ」や2018年6月に閣議決定された「経済財政運営と改革の基本方針2018」の「人づくり革命」において出された「高等教育の無償化」です。 
高等教育の無償化は、2020年4月にスタートする予定で制度設計が進められており、文部科学省の「高等教育段階における負担軽減方策に関する専門家会議」が2018年6月に報告書を取り纏めています。
本号では、教育費の公的支出に対する意識、教育の経済効果、奨学金などの高等教育に対する経済的支援策の現状と課題などについて分析・考察しました。

バックナンバー

2018年
個人金融2018年夏号
雇用形態と賃金・所得格差問題
個人金融2018年春号
介護問題と家計
個人金融2018年冬号
リテール決済の多様化・高度化
2017年
個人金融2017年秋号
家計の借入をめぐる課題
個人金融2017年夏号
家計のリスク性資産保有と金融リテラシー
個人金融2017年春号
貯蓄から投資への現状と課題
個人金融2017年冬号
生活保障における公助・共助・自助の役割
2016年
個人金融2016年秋号
データから見る多様化する女性の家族形態 ~生活困難な世帯~
個人金融2016年夏号
データによる家族形態の多様化と生活設計
個人金融2016年春号
データ分析からみる家計行動の変化 ※在庫終了
個人金融2016年冬号
人口減少時代の金融チャネル
2015年
個人金融2015年秋号
少子化対策と経済的支援
個人金融2015年夏号
地域活性化のための新たな仕組み
個人金融2015年春号
人口減少社会と地域銀行
個人金融2015年冬号
高齢化と医療・介護保険
2014年
個人金融2014年秋号
高齢化と信託 ―高齢者資産の管理・活用―
個人金融2014年夏号
長生きリスクと自助努力
個人金融2014年春号
人的投資と教育資金 ※在庫終了
個人金融2014年冬号
ジェンダー -格差・意識・行動-
2013年
個人金融2013年秋号
若者の生活意識と貯蓄行動
個人金融2013年夏号
住宅取得と家計
個人金融2013年春号
意志あるマネー ~新たな資金の流れ~ ※在庫終了
個人金融2013年冬号
高齢期における私的所得保障
2012年
個人金融2012年秋号
グローバル化と個人金融
個人金融2012年夏号
結婚と家計
個人金融2012年春号
東日本大震災と家計行動
個人金融2012年冬号
金融リテラシー ※在庫終了
2011年
個人金融2011年秋号
社会保障と個人金融
個人金融2011年夏号
遺産・相続と個人金融
個人金融2011年春号
国債と個人金融
個人金融2011年冬号
税制改革と個人金融
2010年
個人金融2010年秋号
雇用問題と個人金融
個人金融2010年夏号
高齢生活者の問題と個人金融
個人金融2010年春号
教育問題と個人金融
個人金融2010年冬号
環境問題と個人金融
2009年
個人金融2009年秋号
中国における個人金融の動向
個人金融2009年夏号
欧州大陸のリテール金融
個人金融2009年春号
小口決済の動向―新しい決済サービス―
個人金融2009年冬号
住宅ローン市場の現状と将来の課題
2008年
個人金融2008年秋号
金融CSRとCSR金融:金融の社会的責任の2つの意味
個人金融2008年夏号
家計における貯蓄行動
個人金融2008年春号
金融教育の現状と課題
2007年
個人金融2007年冬号
イギリスのリテール金融
個人金融2007年秋号
米国の貯蓄金融機関とリテール金融
個人金融2007年夏号

  1. ドイツの貯蓄金融機関 ※在庫終了 
  2. 「団塊」世代の引退
個人金融2007年春号
個人の支払・決済手段
2006年
個人金融2006年冬号
個人の金融負債
個人金融2006年秋号
金融資産・所得格差

お問い合わせ先

一般財団法人ゆうちょ財団 貯蓄経済研究部

〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3-7-4 ゆうビル2階

Tel. 03-5275-1812 / Fax. 03-6831-8970