ゆうちょ資産研究センター

第11回

第11回研究助成論文報告会のご案内

当財団では、公益事業の一環として「金融市場に対する調査研究」を行う研究者に対して、研究助成を行ってきております。

研究助成論文の報告会は平成19年度から毎年行っているものですが、今年度は平成28年度に研究助成をした完成論文について、それぞれの執筆者にその内容を簡潔に解説・報告していただきます。

開催日時 平成29年9月22日(金) 午後2:50~6:30
開催場所 ホテルメルパルク東京 3階 「牡丹の間」 
〒105-8582 東京都港区芝公園 2-5-20
内容
報告者 報告テーマ
静岡英和学院大学 人間社会学部 准教授
伊藤 真利子
「戦時期の郵便貯金 — 1930年代預貯金市場を中心として」
北海学園大学 経営学部 准教授
吉川 大介
「どうすれば景気に左右されずに資産を運用できるのか」
東京理科大学 経営学部 専任講師
土屋 陽一
「アベノミクスは成長期待を高めたのか」
明治大学 商学部 教授
伊藤 隆康
「マレーシアにおけるイスラム金融と従来型金融の比較」
関西大学 商学部 教授
高屋 定美
 「マイナス金利政策の経験—ユーロ圏と欧州小国の経験経験から学ぶ」
東海大学 政治経済学部 准教授
平賀 一希
 「公共投資と証券市場との関係に関する実証研究:産業別データを用いた分析」

開催の詳細については、下記PDFをご覧ください。

第11回 研究助成論文報告会

 

お問い合わせ先

一般財団法人ゆうちょ財団 ゆうちょ資産研究センター

〒162-0845 東京都新宿区市谷本村町2-1 クイーポビル9階

Tel. 03-6631-1005 / Fax. 03-6631-1008